2006年08月02日

れびゅー

さて全キャラのエンディングも見たことだし考察するか。

・御子柴飛鳥
 新技追加でコンボ中に画面端に持っていきやすくなった。
 くらいじゃないか…?前と大差ない。
 ただ攻撃力は上がっている。

・紫上真緒
 焔紅葉と画竜点睛が補正の影響を受けるようになった。
 つまり攻撃力大幅ダウン。
 ていうか攻撃後の状況もよく補正の影響も受けない投げがあるので
 焔紅葉は完全な死に技化。対空に使える程度。
 さらに新技も使いどころが微妙。

・深紅
 新技のコマンドが分からん(泣)66+Bだと思うんだが。
 どうしてもダッシュが暴発してしまうわな。
 状況限定だが投げが追撃できるようになったりで攻撃力UP。
 基本は前作と大差ない。

・相原真尋
 交代という特殊能力をひっさげて登場。
 真尋単体ならA鉄山が地上ヒットで追撃できたり
 EX鉄山が状況を選ばず追撃できたりで攻撃力UP…
 と思いきや空中投げの追撃の条件が厳しくなり相対的には一緒。
 相変わらずマシンガン性能。

・相原千尋
 ラウンド開始後、コマンドで真尋から交代できる。
 いわば新キャラといえる。
 別に真尋が援護してくれるわけではない(泣)
 コンボが繋げやすい必殺技が多いのだが
 微妙に通常技の出が遅く使いにくい印象。
 攻撃力も平均的。

・キララ
 捕まえた!が補正の影響を受けるようになったのは痛い変更点。
 代りにハイキャンセル対応になったのでさらにコンボが繋がる。
 JCのループ性が下がりコマ投げ後のダメージもダウン。
 大きく弱体化されたと言えるだろう。

・夕霧瀬名
 椿折の削除は痛い変更点だが蹴り刃も十分な性能。
 真尋同様空中投げの追撃可能状況が限定され攻撃力ダウン。
 と思いきや夕霧が相変わらず補正の影響を受けないため
 それほど苦ではない。間違いなく強キャラに位置づけられるだろう。

・ロゼット=シュバルツハルト
 追撃可能な新技などさまざまな状況に対応可能に変更された。
 空中投げが追撃可能になったりエアレイドビートが
 エリアルの締めに使えたりと攻撃力大幅UP。
 ただし相変わらずリーチも判定も微妙。

・狩野来須
 尖角の追撃がやりやすくなりJCループの価値が下がるorz
 他にこれといった変更点はない。

・紫神真緒
 紫上同様焔紅葉と第六天涯が補正の影響を受けるようになり
 攻撃力大幅ダウン。こちらも焔が死に技と化す(泣)
 狂鳴がダウンを奪えなくなり盾としての効力が薄れる。
 代りに多段ヒットになり削り量が上がった。
 新技はすばやい中段技で追撃も可能な優秀技、崩しに使える。
 特に弱体化したわけではなさそうである。

・如月紫苑
 EX疾風閃ループが不可になった。
 …それだけじゃないかな?

・風花織羽
 髪使いな新キャラ。特殊なゲージ持ち。
 通常技に若干使いにくい感があるが攻撃力は高め。
 必殺技は強化されていれば強力なものばかりだが、
 一部の通常技を当てないとゲージが増加しないため
 最初の一撃をどう当てるかが問題となる。
 またコンボ中にどれだけ回収できるかも考えどころ。
 
で、お約束のキャラランク。
変動する可能性大orz

S:瀬名、織羽
A:飛鳥、紫神、紫苑
B:真緒、真尋、キララ、来須
C:深紅、千尋、ロゼ

どうのこうの言った割にはロゼはまた最下層。
たぶんAとBの差はあまりないです。
何せみんな強い気がするんで。
なんてゆーかこれって仕様なの。
posted by 焼肉刑事 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | EMBLEM OF RED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21796005

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。